日々淡々と、生きるだけ

実家で家事手伝いという名のニート生活を送りながら就職活動をしたりしなかったりする人間もどきの日常備忘録。

地方の花火大会事情

 

地元で花火大会があった。

 

行く予定は特になかったのだけど、打ち上げ花火の音が聞こえるとどうしたってひと目見たくなるもの。

 

スマホ片手にちょっと外へ出てみた。

f:id:harukanboh:20170814165427j:plain

家の玄関からだと、建物の隙間からちょこっと見える。

 

もうちょっと見たいと思い、すぐそこの橋まで行った。 

さっきよりはよく見える。

f:id:harukanboh:20170814165500j:plain

 

 もうちょっと見たいと思い、少し歩いて一本先の橋まで行くことにした。

 

f:id:harukanboh:20170814165536j:plain

打ち上げ花火ラッシュのピークを移動中に見逃す。

(はるぼうあるある)

 

あの時の花火、絶対すごかったと思う。

 

 

 

f:id:harukanboh:20170814165642j:plain

たどり着くと静まる花火。

(はるぼうあるある)

 

今年は特に用意されていた本数が少なかったみたいで、とにかく間がすごいあくんだ…。

 

しかもたどり着いた橋、すごく背の高い網目状の柵が設置してあった。

f:id:harukanboh:20170814165712j:plainしゃがんで間っこから見た。

 

 

じっと待っていたら、打ち上げ花火ラッシュ2回くらい見られたよ!!

すごかった!!

 

 

もっと近くまで行けばすごい感動なんだろうなぁ。

 

 

 

 

そして訪れる静寂。

f:id:harukanboh:20170814165750j:plain

花火が上がる間隔が長いから終わったのか次の準備中なのかが謎。

 

結局その時には既に終わっていたらしいので、20分くらい無駄に空眺めていたことになる。

 

自宅待機(テレビで鑑賞)していた父に電話して終わったの確認した。

もっと早く電話すればよかった。

 

 

 

 

花火は上手く撮れないので写真に残すことは早々に諦めました。

 

周りにいた人たちはスマホとかデジカメでパシャパシャすごい撮っていたけれど、そんな綺麗に撮れているのかな。

どうやったら花火って綺麗に撮れるんだ?

 

 

 

ちなみにワタシがテキトーにカシャカシャした中で一番よく撮れていたのがコチラ↓

 f:id:harukanboh:20170814174734j:plain

これはまだラッシュじゃない時。

 

 

 

 

花火っていいよね。

 

他では資金が集まらなくて中止になったところもあるとかないとか・・・。

毎年あることを当たり前のように思っていたよ。

 

 

地元企業がんばれ!

協賛社になるんだ!

 

 

 

特に楽しみにしてるとかではなかったけれど、

ないと寂しいもん。