日々、淡々と

実家で家事手伝いという名のニート生活を送りながら就職活動をしたりしなかったりする人間もどきの日常備忘録。

面接の前は自分で自分を騙すしかない

普段の私は・・・

 

f:id:harukanboh:20170718183740p:plain

そんなネガティブの塊。

 

自慢できることなんて何一つありゃしない。

 

 

だけど、面接に行けばどうしたって

自己PRしろって言われるし、

志望動機も聞かれるし、

いかに自分が素晴らしく価値のある人間か

ということを相手に伝えなくてはならない・・・。

 

これはネガティブの塊でできてるワタシにはものすごいハードルの高さ。

 

それでもこのまま無職でいるわけにもいかないということは分かっている。

ウチは私が一生働かずに食べていけるほど裕福な家庭ではない。

それにワタシだって社会人になりたいんだ・・・。

 

 

 

そこでワタシが就職活動面接時のみ発動するのが・・・

 

 

f:id:harukanboh:20170718184806p:plain

私は出来る子!!ポジティブガール!

 

 

なんて事はない、ただただそう自分に言い聞かせるだけのこと。

 

 

中学、高校・・・くらいまでは真面目だったワタシ。

 

f:id:harukanboh:20170718193616p:plain

 

 

f:id:harukanboh:20170718185620p:plain

すぐ顔出してくるネガティブなアイツ。

 

f:id:harukanboh:20170718193728p:plain

 逆にね!!

 

自問自答を繰り返しながら出来る子なワタシを作り上げてゆくスタイル。

 

ネガティブなアイツがすぐに顔出してくるから

出来る気がする!!

 と

やっぱり私なんて・・・

っていうの数回は繰り返すことになる。

 

 

でも本当に出来る気がする!!ってなってくるから不思議。

いろいろ余計なこと考えがちだけど、私の脳は案外単純に出来ているのかもしれない。

 

 

 

とかなんとか言って、うまくいかなかったからこの有様。

結局私がポジティブ発動したところで・・・

という感じは否めない。

 

こんなに言っておいて何の参考にもなりゃしない。

 

それでも私は繰り返す。

 

だってそうでもしなければネガティブの塊には自己PRなんて出来ないんだもん。